現在の展示

版画の〈うつす〉

会期:2022年7月9日(土)-12月25日(日)
開館時間:11時~18時30分(入館18時まで)
開館日:木・金・土・日 休館日 :月・火・水
夏期休館: 8月12日(金)-14日(日)
(展示替および館内メンテナンスのため、会期期間外は休館)

入場料:一般 500円/大高生 400円/小中学生 300円

主催:東京アートミュージアム
企画:一般財団法人プラザ財団

[ご来館に際してのお願い]

●ご来館の際は、マスクの着用をお願いいたします。
●体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来館をおひかえください。

本展について

うつす。漢字では「写す」「映す」「移す」などと表記して、各々で意味が異なります。

「写す」は「文書・絵などを元のとおりに書き取る」、「映す」は「反射や投影などによって物の形や姿を他の物の表面に現す」、「移す」は「位置や地位を変える」といった意味で用いられます。しかし、言葉を使おうとすると、どの漢字をあてるべきか迷うことが多々あります。実際には、これらは明確に切り分けられないところがあるのです。それは〈うつすもの〉と〈うつされるもの〉の関係が、微妙なニュアンスの違いをもちながら、多様に絡まりあっているからだと思われます。

美術作品の場合、抽象的であれ具象的であれ、観念的であれ実在的であれ、定着されたあるイメージ(像)が視覚的に伝えられることになります。このイメージを生み出し、定着させる方法はアーティストごとにさまざまであり、それが美術表現の豊かな広がりをつくりだします。〈うつす〉の多様性はこの豊かさに導かれるものと言えます。特に版画技法を用いる表現では、〈うつす〉の多様性はさらなる展開を見せることになります。技法のもたらす制約や版元(プリンター)との関係が表されるイメージにフィードバックされるからです。

本展に出品される五人のアーティストは、いずれも、絵画や彫刻などを手がけてきた作家であり、版画を中心に制作を行ってきたわけではありません。だからこそ、ここでの〈うつす〉の意味はより重層的になります。1枚の版画のなかに見られる〈うつす〉の多様な意味を考えることから、「版画を見ること」と「版画を通して(何かを)見ること」の面白さを発見していただければと思います。 

藤井 匡 / 美術評論家、東京造形大学教授

Sergei Tchoban(セルゲイ・チョーバン)略歴

1962 旧ソビエト連邦レニングラード(現在のサンクトペテルブル)生まれ
1986 サンクトペテルブルク美術大学建築学院卒業

お知らせ

  • 東京アートミュージアムは、2022年8月12日(金)~14日(日)を夏期休館とさせていただきます。
  • 東京アートミュージアムは、2021年9月27日(月)~2022年1月7日(土)の期間、施設メンテナンス等のため、休館いたします。 誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
  • 2020年12月21日(月)-2021年1月8日(金)を 冬期休館日とさせていただきます。何卒ご了承ください。
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 4月4日から開催を予定しておりました写真展「Drive Drove Driven Cars in Contemporary Photography」は、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を延期いたします
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 東京アートミュージアムは、2019年12月23日(月)~2020年1月10日(金)を冬季休館とさせていただきます。
  • うずめ劇場 第29回公演「フェードル」の公演を東京アートミュージアムにて行っております。ぜひご覧下さい。スケジュール等詳細は
    [東京アートミュージアムTwitter]をご参照ください。
  • 弊館では 「「琳 派」今様 椎橋和子の世界 」 を開催いたします。会期:2018年10月6日(土)-12月23日(日) 開館時間:11時~18時30分(入館18時) 開館日:木・金・土・日曜日 (上記期間外は休館) 入場料:一般500円/大高生400円/小中学生300円