現在の展示

視触手考画説 『 水彩考 』

会期:2021年7月3日(土)-9月26日(日)
開館時間:11時~18時30分(入館18時まで)
開館日:木・金・土・日 休館日 :月・火・水
夏期休館: 8月12日(木)-15日(日)
(展示替および館内メンテナンスのため、会期期間外は休館)

入場料:一般 500円/大高生 400円/小中学生 300円

主催:一般財団法人プラザ財団
企画:一般財団法人プラザ財団(菊池敏直)
助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団

[ご来館に際してのお願い]

●ご来館の際は、マスクの着用をお願いいたします。
●体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来館をおひかえください。

本展について

本展は、『水彩』をテーマにした展覧会です。

美術に限らず表現媒体に何を選ぶかは、作家にとって目指す表現の核心を代理する重要なものです。そこで、私達がスケッチなどで多用する水彩絵具を入口にして『水彩と表現』の今を探る試みです。

水彩の特徴を絵具の物質感が際立つことが少ない着彩面の平面性と仮定し、「画は平滑な表面の出来事」という命題を設定してみます。伝統的、或いは革新的イリュージョンか、それとも別の世界か、作家の視線に注目です。

明治にあった『水彩画ブーム』は、人々の風景と日常への意識を革新するものでした。
それまでの風景、所謂『名所絵』という観念的イメージの作画から、現在の私達と同じ、人々が生活するリアリティを描くことへの転換だと考えられるからです。(菊池)

Sergei Tchoban(セルゲイ・チョーバン)略歴

1962 旧ソビエト連邦レニングラード(現在のサンクトペテルブル)生まれ
1986 サンクトペテルブルク美術大学建築学院卒業

お知らせ

  • 2020年12月21日(月)-2021年1月8日(金)を 冬期休館日とさせていただきます。何卒ご了承ください。
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 4月4日から開催を予定しておりました写真展「Drive Drove Driven Cars in Contemporary Photography」は、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を延期いたします
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 東京アートミュージアムは、2019年12月23日(月)~2020年1月10日(金)を冬季休館とさせていただきます。
  • うずめ劇場 第29回公演「フェードル」の公演を東京アートミュージアムにて行っております。ぜひご覧下さい。スケジュール等詳細は
    [東京アートミュージアムTwitter]をご参照ください。
  • 弊館では 「「琳 派」今様 椎橋和子の世界 」 を開催いたします。会期:2018年10月6日(土)-12月23日(日) 開館時間:11時~18時30分(入館18時) 開館日:木・金・土・日曜日 (上記期間外は休館) 入場料:一般500円/大高生400円/小中学生300円