現在の展示

海老塚 耕一展
水と風の現象学 -実体変化として-

会期:2020年10月10日(土)-12月20日(日)
開館時間:11時~18時30分(入館18時まで)
開館日:木・金・土・日 休館日 :月・火・水
冬期休館:2020年12月21日(月)-2021年1月8日(金)
(展示替および館内メンテナンスのため、上記期間外は休館)

入場料:一般 500円/大高生 400円/小中学生 300円
主催:東京アートミュージアム
企画:一般財団法人プラザ財団

[ご来館に際してのお願い]

ご来館の際は、マスクの着用をお願いいたします。
体調がすぐれない場合や発熱のある場合などは、ご来館をおひかえください。

解説

長い間「水」と「風」に囚われている。そのふたつのものは瞬間であり、ものであり、書物でもある。身体で捉え、ものとして感受し、そして読んでいく。読みながら形に変えて行く。いわゆる制作という事なのだが、このところそれは「実体変化」ということになりはしないのかと考えている。もちろん宗教的な考えとは異なる。けれども実体として「水」と「風」を捉え、それを僕は多様な素材の言葉とその表現力と共同して、新たな実体である「水」と「風」を作っているのだ。そしてそこには「境界・端・限界」が存在している。
他者である僕はこんなことを考えながら、初めて僕に至るということを知る。何もない自分が、「水」と「風」と交感することにより、「水」と「風」の存在にいたり、そこで自分を見出すということなのだと今は考えている。回答のない問いのなかで、制作は進む。

Sergei Tchoban(セルゲイ・チョーバン)略歴

1962 旧ソビエト連邦レニングラード(現在のサンクトペテルブル)生まれ
1986 サンクトペテルブルク美術大学建築学院卒業

お知らせ

  • 2020年12月21日(月)-2021年1月8日(金)を 冬期休館日とさせていただきます。何卒ご了承ください。
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 4月4日から開催を予定しておりました写真展「Drive Drove Driven Cars in Contemporary Photography」は、新型コロナウイルス感染症の影響により開催を延期いたします
  • コロナウィルス感染対策のため、
    ・発熱等体調に不安がある場合のご来館のお控え
    ・マスクのご着用
    ・手洗い、うがいなどの予防措置
    にご協力をお願い致します。
  • 東京アートミュージアムは、2019年12月23日(月)~2020年1月10日(金)を冬季休館とさせていただきます。
  • うずめ劇場 第29回公演「フェードル」の公演を東京アートミュージアムにて行っております。ぜひご覧下さい。スケジュール等詳細は
    [東京アートミュージアムTwitter]をご参照ください。
  • 弊館では 「「琳 派」今様 椎橋和子の世界 」 を開催いたします。会期:2018年10月6日(土)-12月23日(日) 開館時間:11時~18時30分(入館18時) 開館日:木・金・土・日曜日 (上記期間外は休館) 入場料:一般500円/大高生400円/小中学生300円